秋深く

     秋深く

 陽は、高い。暑いのだ。文珠屋は、その陽のほうへ背を向けて、自分の顔を影にすることを忘れなかった。 が、そんな気づかいをしなくても、彼はつづら笠をかぶっている。また、その編目は粗《あら》く、なかの顔は透いて見えるけれど、大次郎は生死の血戦を経たあとで、蹣跚《よろめ》きそうに弱っ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:35 am  

おそろしい使い手になった

 大次、いつの間にか腕を磨いて、おそろしい使い手になったものだ――と、われを忘れて見惚《みと》れていた文珠屋は、そのとき、わっと人声に気がつくと! 逃げ出したのだ、千浪が。 どういう隙があったのか、警戒の侍を振りほどいて、千浪が一散に駈け出している。 血なまぐさい光景に失神しそうなのだろう。無...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:35 am  

出羽は、動かない

 大次郎も、かなり斬りつけられているに相違ない。着物はところどころ裂かれて、若布のように下がり、どす黒い血を全身に浴びて、顔ももはや人相がわからないほど血まみれなのだ。 血で、女髪兼安の柄が滑るのか、時どき片手ずつ離してはじぶんの脇腹へ股へ、赤い掌をこすり拭いている。 出羽は、動かない。 両手...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:34 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0155 sec.

http://ath-kita.jp/