山越えのやくざ者

 言いながら大次郎は、きっと、眼のまえの葛籠笠を覗き見て――山越えのやくざ者らしいがなぜ口をきかぬ?「下らぬ真似を致すな。見逃してつかわす。果報に思え。」 言い捨てて、千浪を劬《いたわ》って立ち去ろうとすると、その大次郎の面前へ、文珠屋佐吉、すうっと脇差しを抜いて突き出した。「おのれっ! やる気かっ!」 きものは一面に切り裂かれて、襤褸《ぼろ》を下げたような大次郎、かっとなって、抜身の兼安を取り直そうとすると、途端に、かれの眼が相手のさし出している小刀の斬《き》っ尖《さき》にとまった。 そこに、小さな刃こぼれが三つ並んでいるのは!――思い出す。 田万里の幼年時代に、佐助がこの刀で、森の立木を出羽守に見立て、めったやたらに斬り廻った時の疵《きず》あとだ。「おお、江上――!」 思わず大次郎が叫んだ拍子に、そのわき差しをかざした文珠屋は、素早く、背後の沢へ身を躍らして――大次郎が駈け寄って、覗いた時、つづら笠と旅合羽は、傾斜に生えている木のあいだを、土煙りとともにずるずる踏みすべらして、谷底へいそいでいた。 あいかわらず、江上は――身が軽い――それにしても、あの風体で、今はどこで何をしているのか――大次郎は、苦笑を洩らしながら、「文珠屋どのと言ったな。また七年後に、このうえの三国ヶ嶽で会おう。」 下へ向って、大きく叫んだ。

— posted by id at 07:36 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1312 sec.

http://ath-kita.jp/