出羽は、動かない

 大次郎も、かなり斬りつけられているに相違ない。着物はところどころ裂かれて、若布のように下がり、どす黒い血を全身に浴びて、顔ももはや人相がわからないほど血まみれなのだ。 血で、女髪兼安の柄が滑るのか、時どき片手ずつ離してはじぶんの脇腹へ股へ、赤い掌をこすり拭いている。 出羽は、動かない。 両手をひらき気味に、背後の千浪を遮《さえぎ》って立ちはだかったまま、じっと、その大次郎の太刀捌《たちさば》きを眺めているのだ。 広い野づらに、小さな人影が入り乱れて、血戦はつづいてゆく。花だけが静かに呼吸づき、雲は、移るともなく、すこしずつ流れている。 この時である――。 お花畑の隅の、山みちに寄ったほうに、一むらの灌木の繁みがある。その陰にそっと身を潜めて、葛籠笠を傾け、道中合羽の袖を撥ねて、さっきから憑《み》されたように、この斬りあいに見入っている人物がある。 手甲《てっこう》脚絆《きゃはん》、荒い滝縞の裾高くはしょって、一本ざし――見覚えがある。 文珠屋佐吉だ。 かれ、三国ヶ嶽から下りて早朝に、藤屋へ宿をとったのだが、間もなく下座敷の侍の一行が、例のむすめを押し囲んでにわかに出発するもようなので、脱いだばかりの草鞋をすぐ穿き、ずっとおくれて後をつけて来たのだが。 驚いた。 尾《つ》けているのは、じぶんだけではない。 山上に利七と会っているはずの大次郎――七年会わないあいだに、すっかり江戸風の、立派な若ざむらいになった大次郎が、押っ取り刀で、見え隠れに一同の跡を踏んで行く。そして、ほかにも誰か人を求めているらしく、きょろきょろあたりを窺っていくようすなので、これには何かわけがありそう――見つけられては面白くないと、文珠屋佐吉、木の軒、草の深みを楯に、一行をつける大次郎を尾けて身を隠しながら、やっとこのお花畑まで来たので。 すると、この乱闘だ。

— posted by id at 07:34 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1284 sec.

http://ath-kita.jp/