血煙お花畑

 叫んだ大次郎、愛する千浪の危急を知って、いっさんにその三角形の山頂を駈け下り出した。ぼんやり呆気に取られて後見送っている宗七を残して――三里の下りを阿弥陀沢の藤屋へ。 言いだしたらきかぬ江上佐助の気性、これはただごとでは納まるまいと、大次、走りながら、腰の女髪兼安の柄を叩いて、ぶつり、鯉口を切った。 きらり! 鯉ぐち三寸、銀蛇のごとくきらめいて、眼を射る。そこに、何の焼刃《やいば》のみだれか、一ぽん女の毛が纏わりついたと見える鍛《きた》え疵《きず》。 阿波の右近三郎打ち上げるところの女髪兼安。 ゆうべ出がけに此刀《これ》を渡すとき、法外先生が言った――「くれぐれも言っておくが、大次、けっしてこの刀を抜いてはならぬぞ、抜けば血を見る。擾乱《じょうらん》を呼ぶ。刃元にうかぶ一線の乱れ焼刃。女髪剣、必ずともに、その女髪に心惹かれて、戯《たわむ》れにも鯉口を押し拡げるでないぞ。よいか。」 その女髪兼安を伴大次郎、いま抜きかけて、ぱちんと鞘へ返したが。 が、ハッキリと見てしまった女性《にょしょう》の髪の毛! 七年目、山上の会合が、こんな意外な展開を生もうとは!

    血煙お花畑

「かっ! この女は、貴様の何だと申すのだ。」 山路主計が、柄がしらを叩いて、一、二歩、前へ出た。 大次郎は黙って、手にしていたつづら笠を、ぽんとうしろへ投げやった。「藤屋から後を尾けて来たのか。」 それでも、大次郎は、答えない。眼が据わって、異様な光りが、出羽守の一行を睨め廻している。「斬れ、斬れ!」 誰かが、山路のうしろから、声をかけた。「問答無益!」

— posted by id at 07:33 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1227 sec.

http://ath-kita.jp/