七年ぶりに会った懐しい友

 宗七は、とろんとした眼を上げる。「あは、あははは、いや、こっちのことじゃ。」大次郎は、自嘲的に笑って、「それでどうして、誓約どおり今日ここへ来る気になられた。」「それがどうも、あっしにもよくわからねえんで、へえ――来ねえつもりだったんですが、なにかにこう引っ張られるような気もちで、気がついた時あ深川の家を出て、この浴衣のまんま、ふらふら歩いて来ておりやしたんで。へえ、へえ、お多喜の阿魔《あま》あ、今ごろは眼の色を変えて探しておりやしょう。へへへ。」「有森氏!」 思わず大次郎は、声を励《はげ》ました。 七年ぶりに会った懐しい友の一人は、こんなに変りはてているばかりか、この七年間予期しつづけて来た親しみさえ、すこしも湧いてこないで、まるで、冷たい他人行儀。 しかし大次郎は、あくまで宗七と観ず、むかしの有森利七とのみ扱おうとして、「田万里の件――かの出羽への怨執《おんしゅう》は、よも御忘却ではあるまいな。」 宗七はきょとんとして、「へ?」「煩悩が煩悩に溺れては、その煩悩の中より力を獲ることは叶《かな》わぬわけ――有森氏! 煩悩力をもって出羽を討つとの誓いはいかが召されたっ!」 すると宗七は、何を見つけたのか、ぶらりと起ち上って、「あ! あそこの草の中に、笠がありやす。真新しいつづら笠、雨に濡れて――。」 大次郎も、頭《こうべ》をめぐらす。見ると、なるほど、神社の裏手の草むらのなかに、誰が置いたのか新しい葛籠笠がひとつ、そぼ降る雨を吸って、光って。 話を打ち切った二人は、足早にその草叢へ踏み込んで行った。 足が、濡れる。 裾を引き上げた伴大次郎と、今は深川の恋慕流し宗七、左右から笠を挾んで立った。 見下ろす。

— posted by id at 07:31 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2342 sec.

http://ath-kita.jp/