草の文

     草の文

「さようでげすな。」 宗七は軽薄な表情で、わざとらしくそこらを見まわしながら、「あの江上の先生が、今日という日をすっぽかすわきゃあござんせんが。はてな――。」 けれど、いくら眺めわたしても、狭い山上は一眼である。人といっては、大次郎と宗七の二人きりで、思い出したように雨に濡れた小鳥の声――。 陽は、もう高く上りかけて、三国神社の檐《のき》に、雨垂れの粒が七色にかがやいている。しいんと、耳を突き刺すような山奥のしずけさを破って、峰から峰へ濃《こ》みどりの風が吹いて渡る。 大次郎は眼を返して、じっと宗七の顔を見つめていた。

「有森。いや、宗七どのか。拙者のことは後刻話すが、この七年のあいだ、貴殿は何をしておられたかな?」 すると宗七は、もうすっかり芸人のふうが身に染《し》みわたっているに相違ない。まるで生れからの恋慕流しか、未知の武士の前へ出たように、おずおずと頸すじを撫でて、「へえ、それがその、面目次第もげえせんので――七年前の今月今日、ここで旦那さま方に言いつかりやしたとおり、へへへへへ、あのお約束をいいことにね、江戸へ出で、精ぜい女狂いをしておりやすうちに、とうとう旦那、三味線ひきのお多喜って女に、取っ憑《つ》かれてしまいやして、まあ、旦那の前ですが、惚れたの腫れたのとへへへへへ、ま、そこらは御推量にお任せ申すとして、今じゃあ、そのお多喜と一しょに色街から色まちへと、恋慕流しのつれ弾《び》きてえしが[#「しが」に傍点]ねえ渡世で、へえ。」 しきりに頭を掻いている宗七のようすは、装っているのでもなんでもない、こころの底からの巷《まち》の遊芸人である。 泣き出さんばかりの顔で、大次郎はそれをじっと見据え、「無理もない、女、おんな――最も危険の多い煩悩を受け持ったのだからな。その女の毒気に身も心も汚《けが》れはてて――。」「へ?」

— posted by id at 07:29 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1150 sec.

http://ath-kita.jp/